仲裁所概要

挨拶

ウランバートル市商工会議所属仲裁所のウェブサイトをご覧いただき誠にどうもありがとうございました。

グローバル化が急速に進行するほど、多国籍企業の貿易・投資はますます拡大している。同時に、共同協力に不可欠なことであるビジネス紛争に関しては、双方が経費や時間がよく費やされる裁判所の方法ではなく、しかし専用化した、仲裁相手、独立した相手及び仲裁所に解決させる傾向も世界中では増加している。

裁判所に申立して解決させう場合、双方が裁判人を選択すること以外に、紛争解決手順や方法も選択することも可能であるが、裁判所が定めた厳しい条件により、何ヶ月も継続される控訴裁判所や最高裁判所などの数多くの裁判所へ申し立てなければならい。

ビジネス紛争は裁判所以外に解決する仲裁制度とは、紛争当事者の自由合意上で、迅速かつ比較低コストかつ簡単なプロセスにより解決する可能であるのはメリットである。

言い換えれば、紛争を解決させる仲裁人を選択し、明確な根拠がある場合、仲裁人を拒否する、紛争解決手順を合意する、仲裁が開催する場所、使用外国語、又は解決方法も選択するというのは、紛争当事者にとしては自由な選択である。

これが、事業経営者の時間や経費を節約することでなく、ビジネスの人気も守るような大事な意義を持っている。

ウランバートル市商工会議所属仲裁解決手続きは、国際商工会議所属仲裁手続きに対応して作成したことをお知らせする。

高責任を持った専門ワークチームが国際法律及び国内法律の要件を満たした仲裁業務を遂行するのは、仲裁決定が効力化される、是非実行される根拠となる。

国際的なビジネス紛争は、ただ個人間の紛争だとするより、外国間の文化、価値観、システムの摩擦とも関連して解釈する傾向が高まっている。そのため、ある紛争を国際法律制度の代表者である、独立した、専用化された仲裁人に公正に解決させるのが、ビジネスの環境の不可欠なことになっている。

ウランバートル市商工会議所における仲裁人は、鉱山業、インフラ整備業、投資業。商業が専用化された、経験が積んだ、高度専門能力がある仲裁人から構成されている。

我が国の国際仲裁構成員は、オーストラリア、カナダ、シンガポール、欧州連合(EU)、スイス、米国、イギリスなどの共通法制度及び民法制度である外国の代表者から成り立っている。

あらゆるの協力の根拠は契約や協定である。契約書は何らかの可能性ではなく、潜在的に危険なリスクを考慮した上で、契約内容に指定するのが、法律的な結果でも大意義を持っている。

信頼に基づき、協力を開始するが、信頼を破る場合どうするか、自己利益を誰に確保されるかなどに関しては、正確な決断を出すのは、ただ皆様の選択である。

皆様は弊社ウェブサイトをご覧いただいたことにより、法律を守ったビジネス契約書、協定書の事例などは仲裁手続きにおいて使われる、法的なコンサルティング、法人企業事業方針と関連すること、又は私たちの活動に関して当時各種情報を受けることができると期待している。

私たちは独立的で、信頼性及び完全性を支持取り組んでいる。その意味では、不賄賂、不汚職、官僚サービスをリーダーシップを例示している。